映像制作・動画編集

動画編集 初心者が練習する方法は?具体的な練習法を紹介します

動画編集初心者の方から

動画編集の練習はどうすればいいですか?

という質問をいただきました。

動画編集をやってみたいけど、何から始めたらいいかわからない
そういう方って意外と多いみたいです。

そこで映像制作・動画編集のプロである私が

新人の頃にやっていた練習方法と
職場の新人に指導する時に教えている方法

を教えます。

動画編集の初心者が副業でお金を稼ぐためのトレーニングとして活用するでもいいですし、将来的に動画編集で生計を立てていく方にもオススメの練習方法です。

動画編集の練習方法として一番良いのは

自分で撮影して編集すること

これに勝るものはありません。

とは言え、いきなり自分で撮影して動画編集するなんて中々ハードルが高いですよね?
何をどのように撮影したらわからない…
と言って動画編集に入る前に挫折してしまうかもしれません。
そんな方でも大丈夫な練習方法を2点教えます。

それは以下の2点

  • 自己紹介動画作成
  • ダイジェスト動画作成
スポンサーリンク

動画編集の練習のポイント

映像制作・動画編集

動画編集の練習と言っても、ただ動画を作っても効率が悪いですしスキルが身につくのに時間がかかると思います。
では動画編集のポイントはどう言ったものなのでしょうか。
それは

  • カット編集
  • テロップ(デザイン・演出)
  • BGM

の3点です。

動画編集はこの3点で成り立っているようなものです。
ですからこの3点を意識しながら動画編集の練習をすると効率良くスキルが身につきます。

初心者の方でありがちなのは無駄にエフェクトを付けたがること。
まずはカット編集とテロップとBGMがうまく出来るようになってからエフェクトはつけるようにしましょう。

カットのつなぎ目にトランジションエフェクトを入れたりするのも、基本が出来てからにしましょう。
トランジションも含めエフェクトには演出意図がないものに関しては邪魔なだけなので、何となくカッコいいから入れてみた」は突出したセンスがない人しか通用しないので気をつけてください。

 

動画編集の学び方 素人・初心者がスキルとセンスを身につける方法YouTubeやTikTok、InstagramといったSNSが生活に身近なものとなり、これから動画編集をしてみたいという人も多いかとお...

 

動画編集の練習方法

動画編集

ここからは具体的な動画編集の練習方法を教えます。

①自己紹介動画作成

自分で自己紹介を話しながら
ボイステロップと
ポイントなど箇条書きにして
テロップを入れる

この練習のポイントは喋りの間や噛んだところをカットできるかどうかです。

何をどう撮影していいかわからない。
動画撮影のネタがない。
そういう人でも自己紹介は出来るでしょうという事で私が会社の新人なんかにやってもらうトレーニングだったりします。
話す事が苦手なので自分で撮りたくない…という人もいるかもしれません。
しかし話す事が苦手な方が動画編集の練習になります。
喋りの間や噛んだところをカットする機会が増えますからね。

実際の仕事だとボイステロップは話していること全てに入れない事も多いですが、練習なので出来るだけ話していること全てにテロップを入れてみてください。
その上で重要箇所や話をわかりやすくするためにポイントテロップを作成して入れましょう。
ボイステロップとのバランス、画面構成も勉強になりますからね。
また話のまとめにはBGMも変化させるように意識してみるといいでしょう。

実は動画編集の仕事をする上で、わかりやすくポイントテロップを入れることは凄く大事だったりします。
企業相手やディレクターがしっかりといる動画編集の仕事ではテロップの内容は自分で考えたりはしませんが、クラウドワークスやランサーズなどの案件である人相手の仕事だと編集者がテロップ内容も考えなくてはならない場合が多いです。
これがポイントを掴む事が中々難しかったりするので、慣れていくといいでしょう。
自分の自己紹介なら何がポイントか自分でわかりますよね?

喋りの間や噛んだところを
カットできるか

カット編集の基礎をトレーニング

 

Premiere Proの使い方 動画編集やってみよう【初心者向け】動画編集ソフトであるPremiere Proの使い方を初心者向けに解説していきます。 動画編集を始めてみたくても動画編集ソフトは色...
動画編集のコツはショートカットを使うこと Premiere Pro副業でも注目されている動画編集。 でも動画編集って時間かかるので少しでも効率的な方法を知りたいですよね? 動画編集を始めてか...

 

撮影はスマホのカメラで大丈夫です!

三脚などがあれば撮影もしやすいですが、練習用の動画なんでそんなに気合を入れる必要はないです。

 

 

②ダイジェスト動画作成

YouTubeでも何でもいいので
好きな動画をダウンロード
またはキャプチャして

15秒、30秒のダイジェスト版を作成

カット編集と演出テロップのトレーニングですね。

ダイジェスト版の作成は私が新人の頃にやっていた練習法になります。私がやっていたのは正確に言えば予告編作成でしたがね。担当番組の編集素材を使って15秒と30秒の予告編を作成していました。
一度編集されているものなので、無編集素材よりも使いどころがわかりやすいので初心者には向いている練習法です。また指定された秒数に収めるのも動画編集の練習としてかなり重要です。

YouTubeなど時間にとらわれない動画も多いのですが、仕事として動画編集をすると指定された時間に収める動画編集も必要なので練習しておくといいでしょう。

そしてダイジェスト動画に入れて欲しいのが演出テロップです。
テレビ番組の冒頭に見どころを紹介するカットがあるかと思います。
オープニング前のプロローグシーンに入れるカットやテロップをテレビ業界ではアバンタイトル、略してアバンとも言うのですが、アバンには単純な板付きテロップ(動きもなく表示するだけのテロップ)ではなく動きのあるテロップを入れるようにすることが多いです。

そういった動きのあるテロップ入れ、ボイステロップや説明テロップではない演出テロップに関しても練習しておくと動画編集の仕事をするなら練習しておいた方が良いです。

指定された秒数に収められるか

演出テロップを入れられるか

 

動画制作  テロップの作り方と効果について考えるYouTube等で個人制作してる方に向けて テロップについて基本的な事を説明します。 あらためて説明されなくても 小さ...
商用可&無料 とりあえず入れておけ おすすめフリーフォント動画編集をしているとテロップ入れの時に標準フォントだけでは物足りなくなってしまいますよね。 そこで今回は商用可で無料のおすすめフリ...
バラエティっぽいテロップ演出
バラエティっぽいテロップ演出の作り方【AE初心者チュートリアル】今回はバラエティ番組なんかでよくあるテロップ演出の作り方を紹介します。 動画編集をしていて、バラエティ番組のようなテロップ演出を入...

 

最後に

動画編集

動画編集の練習法は参考になったでしょうか?

動画編集が一番上達するのは自分で撮影して編集することです。
しかし、初心者は自分で撮影することがハードルが高いでしょうから、今回紹介した動画編集の練習法を実践していって頂ければと思います。

動画編集は奥が深いですが、初心者としては

カット編集とテロップ入れとBGM入れが出来れば上手くなればいい

ということを覚えておいてください。

まずは基本をしっかりと身につけておくことが大事です。
逆に言えばこの基本が出来れば動画編集で副業が十分にできますので、基本を身につけるために動画編集の練習を頑張ってみてください。

そして最後に動画編集は楽しんでやることが上達のコツです。
楽しみながら、試行錯誤しながら、動画編集をやることでスキルも知識も身についていきますので楽しんで動画編集をやってくださいね。

とは言え、用語だけでも勉強すると理解が早まるかも。

 

 

動画編集の始め方と稼ぎ方 趣味でも副業でも動画編集はオススメ YouTubeなどの動画投稿サイトやTikTokのような動画系SNSが人気となり、動画編集をする方がとても増えてきました。 その背景に...

 

動画編集をするためのパソコン選びに悩んでいる方はこちらの記事も参考にどうぞ。
動画編集のプロが初心者にオススメのパソコンを紹介しています。

 

動画編集に適したパソコンとは?
動画編集に適したパソコンとは?【2020年オススメパソコンの紹介】動画編集を始めたい人が増えてきている中で 「どんなパソコンなら動画編集が出来るの?」 「私が今使っているパソコンでも大丈夫?」 ...

 

noteで動画編集の副業について発信中!

「動画編集に興味はあるけど中々挑戦できない人」
「動画編集の副業で失敗したくない人」
「動画編集の副業で月10万円を稼ぎたい人」

動画編集の副業初心者から月々数万円程度で安定して稼げていない方は是非読んでみてください。

土日だけで月10万円!?
スポンサーリンク