Premiere Pro

プレミアプロの効率的なテロップの入れ方 素早くテロップ入れするコツとは?

爆速テロップ入れ

動画編集をする時
一番大変な作業って何かわかりますか?

 

それはテロップ入れです。

 

文字起こしから始まり
テロップデザインを決めて
時にはモーションを付けたりすると…大変です。

YouTubeでは話している言葉に全部テロップを入れることも多いですしね。

 

あなたも動画編集の経験があれば、こう思ったことはありませんか?
「もっと簡単にテロップ入れが出きれば…」

 

そんな、あなたのために
この記事で動画編集歴10年でテレビ番組編集の経験もある私が
Premiere Proのテロップ入れを素早く行うコツを教えます。

 

この方法を使えばテロップ入れも効率的に素早く行えること間違いなし!
あなたもこの記事を読んで動画編集のプロも使うテロップ入れのコツを身につけましょう。

Premiere Proのテロップ入れを素早く行うコツ

  • テロップ入れはエッセンシャルグラフィックス
  • テロップデザインはスタイル作成しておく
  • モーションはテンプレートを利用
  • テロップ用のトラックを統一
  • 文字起こしが必要な場合はVrewもあり
初心者でも簡単 Premiere Proのテロップ入れを解説動画編集初心者の方が時間がかかる作業と言えば 「テロップ入れ」 なんですよね。 クラウドワークス・ランサーズなどで見かける動画...
スポンサーリンク

Premiere Proのテロップ入れを素早く行うコツ①
テロップ入れはエッセンシャルグラフィックス

エッセンシャルグラフィックス

素早くテロップ入れしたい場合は
エッセンシャルグラフィックスでテロップ作成を行うことです。

エッセンシャルグラフィック

エッセンシャルグラフィックス(タイトルツール)
ウィンドウ→エッセンシャルグラフィックス

Premiere Proのテロップ作成は

  • レガシータイトル
  • エッセンシャルグラフィックス

と2つに方法があります。

 

この2つのテロップ作成方法の一番の違いは

タイムライン上でコピー&ペーストして編集できるかどうか

という点です。

 

レガシータイトルで作成されたテロップはプロジェクトパネルに素材として追加されます。
タイムライン上でコピー&ペーストしてからペーストした方を編集するとコピー元のテロップも一緒に編集されてしまうようになるのです。

エッセンシャルグラフィックスはタイムライン上でコピー&ペーストしてからペースとした方を編集してもコピー元には影響がありません。

 

「Win=Alt+ドラッグ Mac=option+ドラッグ」するとプロジェクトパネルにレガシータイトルも複製してくれるので、レガシータイトルを利用する方法もありますけどね。

ただテロップ入れを素早く行うにはエッセンシャルグラフィックスのようにタイムライン上でコピー&ペーストして編集ができる方が効率的になります。

レガシータイトルはテロップデザインを細かく設定できるので、バラエティ番組っぽいテロップデザインを作りたいならレガシータイトルを使用した方がいいでしょう。

テロップによるツールの使い分けも大事ですね。

テロップ入れの基本はエッセンシャルグラフィックスで

テロップデザインに凝りたい場合はレガシータイトルやPhotshopを使う

Premiere Proのテロップ入れを素早く行うコツ②
テロップデザインはスタイル作成しておく

テロップデザインをしたらスタイル作成しておきましょう。

これはテロップのテンプレートを保存しておくという事です。

エッセンシャルグラフィックスではテキストの装飾
テキストのフォント・サイズ
アピアランスの塗り・境界線・背景・シャドウ
これらがをスタイルとして保存ができるのです。

スタイル作成

私の場合は
人物Aボイステロップ
人物Bボイステロップ
説明テロップ1
説明テロップ2
…等
というようにスタイルを作成しています。

作成したスタイルはプロジェクトウィンドウに追加されます。

スタイルはプロジェクトウィンドウに

タイムライン上のテキストにスタイルをドラッグしても適用されますし
エッセンシャルグラフィックの編集タブ内のスタイルにプルダウンとして選択する事で適用されます。

  1. テロップの決まりの形(スタイル)を作り
  2. テロップの尺を決めて
  3. テキストを打ち込んで
  4. それぞれに適したスタイルを適用する

このワークフローを実践するだけでPremiere Proのテロップ入れはかなり速くなるでしょう。

使用するテロップデザイン分のスタイルを前もって作成しておけば
テロップ入れはかなり時短できる

動画制作  テロップの作り方と効果について考えるYouTube等で個人制作してる方に向けて テロップについて基本的な事を説明します。 あらためて説明されなくても 小さ...

Premiere Proのテロップ入れを素早く行うコツ③
モーションはテンプレートを使う(作る)

テロップにモーションを付けたい時もあるでしょう。
そういう場合はテンプレートを有効活用しましょう。

エッセンシャルグラフィックの初期プリセットを利用するのもいいですよ。

上級者はAfter Effectsでモーションテンプレートを作成してPremiere Proに読み込むといったことをしますけどね。

エッセンシャルグラフィックでのモーションじゃなくても
エフェクトコントロールでテロップにモーションを付けたものをシーケンスにまとめて保存しておくのもいいです。
その際はモーションを付けたものをコピーしてから属性のペースト(Win=Ctrl+Alt+V Mac=⌘+option+V)を使ってモーションをペーストしてください。

急ぐ時は割り切ってモーションは入れないというのも手

バラエティっぽいテロップ演出
バラエティっぽいテロップ演出の作り方【AE初心者チュートリアル】今回はバラエティ番組なんかでよくあるテロップ演出の作り方を紹介します。 動画編集をしていて、バラエティ番組のようなテロップ演出を入...

Premiere Proのテロップ入れを素早く行うコツ④
テロップ用のトラックを統一

テロップはボイステロップや説明テロップなど種類ごとにトラックを分けておきましょう。
そうすると確認がしやすくなります。

確認したいテロップのトラックだけアクティブにして編集点ごとに移動する(テンキーの上下)ことでテロップの確認が出来ますからね。

またターゲットトラックの切替がショートカットキーにアサインしておくことでテロップのコピー&ペーストが素早く行えます。

テロップに使うトラックを自分の中で決めておく
そんなマイルールを設定するだけでもテロップ入れは楽になる

Premiere Proのテロップ入れを素早く行うコツ⑤
文字起こしが必要な場合はVrewを使う

音声認識ソフトのVrewを使うことで文字起こしが簡単になります。
とは言え、うまく日本語に変換できるとは限らないのですけどね。
一から全部を聞いて文字起こしをするよりも多少は楽になるのは事実です。

このVrewというソフトで文字起こしをしたものをXMLでPremiere Proで読み込むとテキストがPremiere Proで読み込めます。
読み込んだテキストはエッセンシャルグラフィックで編集が出来るのでスタイルを適用してから誤字脱字を修正するという方法を使うのもいいです。

Vrewの音声認識は万能とは言えませんがタイピングが苦手な方にはオススメな方法です。

文字起こしが面倒な時は他のソフトも使う
0から起こすより修正していくほうが速い場合も多い

動画編集 大変なテロップ入れを無料で自動作成できるソフト Vrew動画編集で一番大変なのは 文字起こし テロップ入れ じゃないですか? 話していることに対して聞き取ってテロップにする...

本当にシンプルなテロップ入れでいい場合
キャプショントラックでテロップ入れをする

キャプショントラックは
ウィンドウタブからテキストを追加
新しいキャプショントラックを追加

という手順で作成できます。

テキストウィンドウ キャプショントラック追加

このキャプショントラックもエッセンシャルグラフィックで編集が出来ます。
もちろんスタイルも適用できますので単純なテロップ入れならキャプショントラックで入れてもいいです。

もしキャプショントラックを使用する場合は書き出し設定で
キャプションのビデオへの書き込み
をしておかないといけないので注意が必要です。

キャプションのレンダリング

キャプショントラックは使い勝手悪いので
本当にシンプルでいい時以外は使わない方がいい

まとめ

Premiere Proのテロップ入れを素早く行うコツは以下の5つ

  1. スピード重視のテロップ入れはエッセンシャルグラフィック
  2. テロップデザインはスタイル作成しておく
  3. モーションはテンプレートを利用
  4. テロップ用のトラックを統一
  5. 文字起こしが必要な場合はVrewもあり

これらが基本になりますが、後はショートカットキーを使いこなすことでテロップ入れはかなり爆速で行えるようになります。

ショートカットキーもそうですが

  • スタイル作成
  • モーションテンプレート

など、テロップ入れする前の事前準備がどれだけ出来ているかでテロップ入れの速度は変わってくるでしょう。

日々の準備が作業時間の短縮に繋がりますので
使い回しできそうなスタイルやテンプレートはすぐに読み込めるようにしておきましょうね。

スポンサーリンク