映像業界・キャリア

映像制作・動画編集 未経験でも映像業界の求人はある?転職できる?

未経験でも大丈夫?

「映像制作や動画編集の仕事をするのって学校である程度学んだ人じゃないとできない」

そんなこと思ってたりしませんか?

実は未経験でも全然大丈夫な会社って多いんです。例え専門学校や大学で映像関係の分野を学び、ある程度ソフトを扱えるようになっていたとしても就職して配属された部署では全く聞いたことも触ったこともないソフトを使わなきゃいけないって言うこともあるわけなので。

ではどんな会社が未経験でも求人があるのでしょうか?
映像業界でも色々な会社がありますが未経験でも大丈夫な会社は
制作プロダクションポストプロダクションが多いです。
私自身、新卒でポストプロダクションに就職したのですが同期に未経験者はいましたし、私の配属された部署の先輩も未経験での入社でした。

映像制作・動画編集の仕事を未経験の人が探すなら制作プロダクション、ポストプロダクションが良いでしょう。現場は常に人不足なので転職エージェントを利用した転職ならすぐに見つかると思いますよ。

スポンサーリンク

映像制作・動画編集をするのはどんな会社

映像制作や動画編集を仕事とする映像業界はテレビやアニメを始め、CM、WEB広告といったように幅広く、会社によって働き方や映像への関わり方も違います。

映像業界にどんな会社があるかというと以下の通り

  • テレビ局
  • アニメ制作会社
  • ゲーム制作会社
  • 制作プロダクション
  • CGプロダクション
  • ポストプロダクション

企画から携わる会社もあれば編集の一部分だけ担当する会社もあります。

私は映像の最終仕上げを担当するポストプロダクションという所で映像制作・動画編集で働いた後、CGプロダクションへ転職してVFXの仕事をするようになりました。どちらも映像関係の仕事ですが、働き方もだいぶ違うので同じ映像業界であっても会社や主に担当する業務で働き方が全然違うということを実感しました。

 

【映像で飯を食う】映像業界はどんな業界なの?映像業界に就職するには?映像業界 何となくブラックなイメージありませんか? 長時間労働 徹夜 薄給 …等々 そんなブラックイメージ満載の映像...

 

未経験でも大丈夫?

私自身、もう10年近く映像業界で働いていますが、未経験から業界に就職・転職する人は意外と多いです。

というのも映像業界でもADのように現場に出て雑務を経てからディレクターや監督になっていくのは専門知識や技術は必要ないからです。もちろんディレクターになるにあたって自分でも動画編集が出来るように動画編集ソフトの扱いを習得していきますが、それは入社時には必ず必要でもない技能なのです。

そして動画編集を専門的に行う技術職でも未経験で入ってくる人はいます。もちろん基本的には専門学校や大学で動画編集ソフトを学んできた人が入ってきますが、新人を教えるような立場にもなって感じたのは入社前の経験値はあまり関係ないということです。

部署によっては専門学校では教わらないような高価な編集ソフトを扱っているところもありますから、それまでの技術や経験以上に必要なのは吸収力と向上心だったりするんですね。

私が新卒で入社したポストプロダクションには映像系の専門学校、大学出身者もいましたが、映像を今まで全く勉強したことがない同期もいました。ただ映像は好きだったので就職できたみたいなことを言っていましたが。そして私の部署の先輩も学生は映像未経験で学生時代はアメフトしかしてないと言う人もいたので、少なくともポストプロダクションは未経験者でも問題はないですね。

 

映像業界はブラック企業ばかりなの?私の体験した死の行進映像業界はブラックなイメージが多いかと思います。 当たり前のように残業… 何日間も徹夜… 帰れなくて当たり前… 働き方改...

 

未経験で入りやすい会社は?

未経験でも入りやすい会社は制作プロダクションポストプロダクションです。
制作プロダクションは最初はアシスタントディレクター(AD)から仕事を少しずつ覚えていき、ゆくゆくは自分で編集するディレクターにキャリアアップするのが一般的です。ADの仕事は企画から撮影、編集まで一貫して携わるので覚えることが多いですが、それを経てディレクターとして自分で演出を行う立場になります。

ポストプロダクションは学校では教わらないような編集ソフトを扱うことも多いので未経験者でも経験者でも変わらないです。最初は編集アシスタントとしてメインエディターとサポートを行うのですが、メインエディターの仕事を見て覚えていくことが重要になってきます。

それに比べてゲーム制作会社やCGプロダクションはある程度の知識や経験を求める会社が多い気がします。未経験可の求人が全くないというわけではなさそうでがね。少なくとも私が転職活動していた時には未経験可の求人を見かけました。とは言え数は多くないでしょうし、未経験からゲーム会社での映像制作・動画編集を行う職種への就職は難しいかもしれません。

 

映像業界解説 ポストプロダクションはどんなところ?どんな仕事してるの?ポストプロダクション 映像業界の方でないとあまり聞かない言葉かもしれません。 聞いたことをある人もブラックなイメージが強かっ...

 

未経験で映像業界に勤めるために

応募するために必要なものは

技術職ならデモリール提出必須は多いですが、ADやポストプロダクションの編集アシスタントの募集は必要書類は一般職と同様に履歴書と職務経歴書のみでOKです。特に必要なものはありません。
もし趣味でも映像制作・動画編集を行っているのならデモリールを作成すると一気に求人数は増えますよ。

 

映像業界 就活に必須  学生向けデモリール作成のポイント映像業界に就職する時に必要なのが デモリール 今回会社の現場担当としてデモリールを審査する私が デモリ...

 

転職エージェントで求人を探そう

映像制作・動画編集の求人は大手の就職サイト(リクナビやマイナビ)にもありますが、実は転職エージェントを利用すると紹介してもらえる未公開求人の方が多かったりします。不特定多数の人から応募されるよりも、よりマッチした人材を面接したいということなのだと思いますがね。
そして転職エージェントはわりと多いのですが、転職エージェントは複数社の利用が良いでしょう。私自身、転職時に利用していましたが転職エージェントによって紹介してくれる求人が違ったりするので、より良い条件で自分に合った会社を探すためにも複数社利用して求人情報を逃さないようにしましょう。

映像関係ならワークポート



IT・Webに強い転職エージェント・ワークポートですが映像関係の会社の求人もかなり多いです。私自身転職時に利用していましたが、他社の転職エージェントと比べても求人紹介数は一番多かったです。そしてアプリで求人情報が見やすく管理もしやすいので大変おすすめです。

ゲーム業界ならファミキャリ



ゲーム業界に特化している転職エージェントもあるので、ゲーム業界に進みたいと思っている方は利用すると良いでしょう。私自身、ゲーム業界志望ではありませんでしたが同じ映像の仕事でもゲーム業界の方が給与や待遇面は良い傾向にあります。映像の仕事をしながらワークライフバランスを求めるならゲーム業界に就職することもありだと思います。未経験可の求人はそこまで多くはありませんが、ゲーム業界の求人を探したいなら是非利用してください。

ゲーム業界 正社員・契約社員で働くならファミキャリ!

転職ならDODA


ワークポートやファミキャリが特化型ならDODAはオールラウンダー。多くの求人があるので私が利用している時も映像関係の求人もありました。こちらもエージェントサポートもありますし、自分から求人を検索することも可能になっていますので転職活動をするなら利用した方がいいでしょう。求人を紹介してもらうだけでなく、転職ノウハウなども豊富に掲載しているのでとても勉強になります。

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

まとめ

映像業界でも映像制作・動画編集の仕事を未経験の人が探すなら制作プロダクション、ポストプロダクション。

現場は常に人不足
未経験でも向上心のある人材なら採用されます!
転職エージェントを利用した転職ならすぐに見つかると思いますよ。
映像制作・動画編集の仕事をしたい人は経験は問われませんので、求人を探して応募してみてください。

 

【転職失敗談】 後悔しない転職のために人の失敗を聞いておけ私は社会人3年目の夏に1回目の転職 30歳過ぎてから2回目の転職をしました。 1回目の転職は今、思い返してもひどいものでした。 ...

 

動画編集の学び方 素人・初心者がスキルとセンスを身につける方法YouTubeやTikTok、InstagramといったSNSが生活に身近なものとなり、これから動画編集をしてみたいという人も多いかとお...

 

スポンサーリンク