ソフト

アップロードが出来ない!遅い!その原因とは?Video Procで最適な動画圧縮

アップロードが出来ない!遅い!その原因とは?Video Procで最適な動画圧縮

サイトに動画をアップロードしようとしても
動画のアップロードが出来ない!
いつまでたってもアップロードが終わらない!
そんな経験はありませんか?

実は動画のアップロードが出来なかったり、遅い原因の大半はアップロードに適した形式に動画圧縮が出来ていない事が原因なんです。

原因はわかっても
アップロードに適した形式って何?
どうすれば最適な形式で動画圧縮できるの?
と困ってしまう人も多いでしょう。

そこで今回はアップロードに最適な動画圧縮が簡単に行えるソフトを紹介します。
このソフトを使えば
アップロードが出来ない!アップロードが遅くてイライラする!
なんて事も解消です。

そのソフトは【VideoProc】

以前、画面収録に使えるソフトとして別の記事でご紹介しましたが、動画圧縮にも大変優れたソフトなので改めて紹介させていただきます!

そして今だけお得なキャンペーンがやっているとの事なので、そちらのお得情報も調べて起きました!!!

▼ライブ配信をパソコンに録画するならVideoProc▼
多機能ビデオ処理ソフト【VideoProc】

ライブ配信をパソコンに録画する 【VideoProc】の使い方
ライブ録画ソフトVideoProcで生配信をパソコンに録画する手順この記事ではオススメのPC画面録画ソフト【VideoProc】を使ったライブ録画の手順を紹介します。 この記事を読み終えると、あなたのパソコンでも生配信やライブ録画を録画して何度でも楽しめる様になります。...
スポンサーリンク

動画のアップロード形式とは?エンコード設定って?

YouTubeやVimeoにはアップロードに推奨の形式があります。

アップロードに推奨された形式に動画をエンコード(変換)しておくとアップロードの時間が短くなるんです。

それは何故かというと、YouTubeでもVimeoでも動画をアップロードした際にサイトに適した形式に自動的にエンコードされるんです。

最初からサイトに適した形式になっていればエンコードの時間はほとんどかかりません。
逆に形式が違って、例えば動画ファイルが重すぎる場合はエンコードにかなり時間がかかります。

また推奨エンコード形式にしておくことでアップロード後の画質の低下も避ける事が出来ます。

以下はYouTubeとVimeoのアップロード動画推奨エンコード設定です。

YouTube推奨エンコード設定

コンテナ MP4
音声コーデック AAC-LC
動画コーデック H.264
ビットレート SDRHDR等で推奨数値が変わります
720p =5Mbps
1080p=8Mbps
2K=16Mbps
4K=35~45Mbps

Vimeo推奨エンコード設定

コンテナ 記載なし
音声コーデック AAC-LC
動画コーデック H.264 / H.265 / Apple ProRes 422 (HQ)
ビットレート 720p=5~10Mbps
1080p=10~20Mbps
2K=20~30Mbps
4K=30~60Mbps

こういった推奨設定に合わせてエンコードすることによってアップロード後のサイト側でのエンコードが短くなり、画質の保持も出来るわけです。
しかし、動画の専門家でない人がエンコード設定と言われてもどうしていいかわからないですよね?
コンテナ?
コーデック?
ビットレート?
何それ?
となってしまうわけです。

そんな人でも問題なく推奨エンコード設定で最適な動画圧縮をしてくれるソフトが【VideoProc】です。

初心者向け あなたは理解できてる?コーデックとコンテナの違い一般の方とお仕事をする事がありますが 納品形式を伺ったときに、よく理解されていないと感じるのが コーデックとコンテナについてです。 ...

Video Procはどんなソフト?

VideoProc

【VideoProc】は有料のソフトですが、大変便利なソフトです。

主な機能は以下の4つ

  • 動画の変換・編集
  • DVDから動画変換
  • 動画サイトからダウンロード
  • 画面録画
VideoProc機能

Video Procの動画圧縮 ここが凄い!

MP4、FLV、MPG、SWF、VOB、MOV、WMV、AVI、3GPなど、ほぼ全てのフォーマットの動画ファイルに対応でiPhone/iPad、Androidスマホ・タブレット、PSP等、各種機器に最適なファイル設定が用意されています。

VideoProcの変換はプリセットが豊富

さらにツールボックスから手振れ補正、ノイズ除去、トリミング等の簡易的な動画編集が行えます!

VideoProcなら動画編集も可能

Video Proc 動画変換の使い方

使い方は簡単

ビデオをクリックまずはビデオをクリック

出力をクリックして何用の動画に変換したいかを選ぶだけ

動画圧縮使い方出力をクリック

iPhoneでもYouTubeでも最適なプリセットが用意されています。

プリセットから選ぶだけプリセットから選ぶだけ

これなら動画に詳しくない人でも簡単に動画変換が出来ますね。

動画圧縮 動画変換ソフト
Adobe Medea Encoderと料金比較

Video Proc以外にも動画圧縮、動画変換が出来るソフトはあります。
私が使っているのはAdobe Media Encoderです。

とても優れたソフトなのですが、料金はそこそこします。
サブスクになりますしね。

Adobe Creative CloudでPremiere ProやAfter Effectsと合わせて使うならいいと思いますが、動画圧縮、動画変換にを目的にすると割高になります。

ソフト 料金
Adobe Creative Cloud 6,248 円(税込)月額
Video Proc 5480円(税込)永久ライセンス

「Twitter動画圧縮」「ytb動画圧縮」にはVideo Proc

本格的な動画編集を行う人や映像関係の仕事をしている人はAdobe製品の方がオススメですが、初心者やそこまで本格的に動画編集をする必要がない人はVideo Procの方がいいです。

Twitterに動画をアップするための動画圧縮だったり
YouTubeに動画をアップするためのエンコードはVideo Procにお任せです!

▼VideoProcのダウンロードはコチラから▼
多機能ビデオ処理ソフト【VideoProc】

今だけお得なキャンペーン実施中!

なんと今なら毎日プレゼントが当たるキャンペーン実施中!

6月16日〜30日まで

プレゼント内容は

  • VideoProc割引クーポン
  • VideoProc等のソフト
  • Quoカード500円

 

毎日挑戦できるので、VideoProcに興味がないあなたもやってみましょう!

▼VideoProcのキャンペーンはコチラから▼

今だけお得なキャンペーン!全員もれなくプレゼントが!

スポンサーリンク