映像制作・動画編集

MacBook Proがあれば動画編集は大丈夫?【初心者向け】

動画編集をするのにどんなパソコンがあればいいのでしょうか?
YouTuberさんはよくMacBookを使用しているイメージがあるので動画編集はMacBookがあれば大丈夫だと思われがちですね。

実際にMacBookでも動画編集は可能です。
しかしモデルによっては動画編集に耐えられないスペックということを知っていましたか?

今回は動画編集が出来るパソコンのスペックと
どのMacBookなら動画編集が出来るのかを紹介していきます。

これから動画編集を始めたくて、どんなパソコンにしようか迷っている方は参考にしていってください。

スポンサーリンク

動画編集をするなら見るべきスペック

動画編集

動画編集をするためのパソコンを選ぶなら以下の3つのスペックを注意しましょう。

・CPU
・メモリ
・ストレージ

CPUとは

CPUはコンピューターの処理・演算を行うところです。
CPUの核の部分であり、制御部と演算部が1セットになっているものをコアと言うのですが、コアが2つあるものをデュアルコア、4つあるものをクアッドコア、または複数あるものをマルチコアといいます。

有名なのは「IntelのCore iシリーズ」

端的に言えばこのCPUは「Core i7」以上のものにしておけば間違いないです。
ただコア数とスレッド数の違いで性能差があります。
Core i 7でもクアッドコアのものや6コアのものがありますが、Core i 7であれば動画編集に問題はありません。

AMDのRyzenというCPUも中々優れもの。
MacBookには採用されていませんがパソコン選びの際にRyzenのCPUも選択肢に入れておくと良いです。コスパがとても良いので。

※あくまでわかりやすい説明なのでベンチマークの説明は省いておりますが、CPUのスペックについて気になるかたはベンチマークでの比較を見てください。

メモリとは

メモリは一時的に記憶しておく部品です。
ソフトを起動して保存するまでの間の作業状況を保存しています。
ソフトを起動する際に一定数のメモリを必要とします。

このメモリが足らないと動画編集中に編集ソフトがフリーズしたりレンダリングエラーが起きる原因になったりします。

動画編集をするなら32GBあれば安心です。
4K素材を扱ったりCGを作成するなら64GBまでしたいですが、一般的な動画編集ならそこまでは必要ないですかね。

ストレージとは

HDD・SSDといった記録媒体のことです。
テレビを録画するにもHDDを使用していますよね。
容量に余裕がないとパソコンの動作が遅くなったりするので出来る限り大きい方が良いです。
どちらも記録媒体ですが、読み書きの速度に違いがあります。
HDDの方が容量の単価は安いですが、SSDと比べると読み書きの速度は遅いです。

MacBookを最新モデルで購入しようとするとストレージはSSDとなっています。

ストレージは外付けでも対応できるのですが、動画編集をしているとあっという間に1TBまで使用してしまいます。
不要なデータを適時削除していけばいいのですが、余裕はある程度必要ですね。
最低でも512GBあればいいでしょう。

動画編集に適したパソコンの基準

動画編集に適したパソコンのスペックを簡単にまとめると

CPU=Core i7
メモリ=32GB
ストレージ=512GB

この基準を越えたパソコンなら動画編集に適していると言えます。

 

動画編集に適したパソコンとは?
動画編集に適したパソコンとは?【2020年オススメパソコンの紹介】動画編集を始めたい人が増えてきている中で 「どんなパソコンなら動画編集が出来るの?」 「私が今使っているパソコンでも大丈夫?」 ...

 

動画編集が出来るMacBookは?

MacBook

それではMacBookは動画編集に向いているのでしょうか?

MacBookは

・MacBook Air
・MacBook Pro

2つあります。

MacBook Proは

・13インチ
・16インチ

2モデルがあります。

これらで動画編集に適している基準

CPU=Core i7
メモリ=32GB
ストレージ=512GB

を満たすのは

MacBook Pro16インチ

になります。

とは言えMacBook AirとMacBook Pro13インチも最大で

CPU=Core i7
メモリ=16GB
ストレージ=2TB

なのでメモリ以外は大丈夫なんですよね。

ソフトを同時に複数起動しなければ16GBでも動画編集できます。
(4K動画編集はかなり厳しい)
ただPremiere ProとAfter Effectsを同時に使うような人だと厳しいです。

初心者で動画編集で仕事をしていくって人でなければどのMacBookでも動画編集は出来るでしょう。

ただ気をつけてほしいのはあくまで「最大」でこのスペックになるということ。
オプションで上げていかないと厳しいんですよね。

標準スペックだとどうなるのかというと

MacBook Airは
CPUがCore i3とCore i5の2モデル

これだとかなり厳しいです。

MacBook Pro13インチでも標準だとCPUはCore i5になっています。

もちろんメモリもストレージも標準だと動画編集をするには厳しいスペックになっています…。

標準でも問題なさそうなのはMacBook Pro16インチだけ。
ただメモリは16GBなので、ソフトの同時起動していると動作は重たく感じるといったところ。

 

つまり動画編集をするつもりでMacBookを買うなら

MacBook Pro16インチ

これにしておけば間違いはないでしょう。
余裕があればメモリも増やしておくことをオススメします。

動画編集に適したパソコン

映像制作・動画編集

MacBookでも動画編集は問題なく出来そうですが、コストパフォーマンスはあまり良くないと言えます。

MacBook Pro16インチはオプション付けずに
¥248,800 (税別)

この値段であればデスクトップ型で更に動画編集に適しているスペックのパソコンが購入できてしまいます。(モニターとか別途かかってしまうところもありますけどね)

ノートPCでも同程度のスペックならWindowsのPCならもう少し安くなります。

マウスコンピュータークリエイター向けブランド 「DAIV」なら動画編集向けにセットアップされているモデルがありますので、MacBookにこだわりがなければ動画編集をするなら私はこちらの方をオススメしています。

【マウスコンピューター/DAIV】DAIV 3N


ノートPCで動画編集するならMacBook Proよりもコストパフォーマンスの良い点がオススメです。ただ4K素材の編集には厳しいというスペック。

YouTube編集程度なら文句なしのノートPCです。

まぁ私のように多少割高でもMacが好きという方もいらっしゃると思うので、その辺は好みだと思います。

 

動画編集を始めるのにパソコンを購入しようと考えている人の中で
出来ればMacBookがいい(かっこいいし)という方は

MacBook Pro16インチ

そうでない方はコスパを考えて
BTOパソコンメーカーの中から選ぶといいでしょう。
その中でも
・24時間365日の電話サポート
・72時間以内の修理完了をうたっている
マウスコンピュータークリエイター向けブランド 「DAIV」はオススメ!

コストパフォーマンスで言えば
【FRONTIER】も良いでしょう。
セール品はとにかくコスパが良いです。

安いパソコンが良いなら10万円以内で買えるノートパソコン特集 も参考にしてみると良いですよ。

自身の予算に応じた中で最良のパソコンを選んで動画編集をしていってください。

 

動画編集に適したパソコンとは?
動画編集に適したパソコンとは?【2020年オススメパソコンの紹介】動画編集を始めたい人が増えてきている中で 「どんなパソコンなら動画編集が出来るの?」 「私が今使っているパソコンでも大丈夫?」 ...

 

スポンサーリンク