映像制作・動画編集

YouTubeやZoomにオススメ『グリーンバック』でクロマキー合成

YouTubeや Zoomにオススメグリーンバック紹介

YouTubeの撮影やZoom会議で『グリーンバックが欲しい』と思ったことはありませんか?

部屋が散らかっているから撮影出来ない…

といった方もグリーンバック撮影が出来れば片付いていないお部屋が映り込むことはありません…笑

そんなグリーンバックは背景を合成するのに必要になりますが、その品質はまさにピンキリ!
グリーンバックを使って撮影しているのに上手く合成出来ないなんてことも…

そこで今回は映画のVFXでグリーンバック合成を手がけてき私が、自宅にもオススメのグリーンバック・クロマキー布を紹介します。

グリーンバックを購入する際に是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

グリーンバック撮影とは

グリーンバックとクロマキー撮影

グリーンバック撮影とはクロマキー合成という手法を使うための撮影方法です。

クロマキー合成は映像の一部を透明にして前景と背景を合成するのですが、透明にするためにグリーン(またはブルー)をターゲットに用います。

グリーン(またはブルー)を用いるのは人肌と補色(反対の色)にあるために人物が透明になってしまう事を避けるためです。

初心者向け カメラ撮影とカメラワークの基本 何でもいいから撮ってみよう動画作成を始めた、これからやっていきたいという方で カメラってすごい値段するのもあるけど何が違うの? カメラワークって何? ...

グリーンバック(クロマキー布)を選ぶポイントは

シワが付かない

グリーンバックで一番大事なのはシワが付かないこと
シワがあると、シワの部分だけ上手く透明にならない事があります。

なので、よくあるスタンドに布を通すパターンのグリーンバックはあまり良くないです。

配送の段階で折り畳まれているので、シワを伸ばさないと綺麗に合成が出来ないんですよね。

コンパクト

自宅に置くならコンパクトに収納できるのが良いです。
その際もシワが付かないようにコンパクトに収納できるタイプを選びましょう。

グリーンバックはシワが付かないコンパクトなものを選ぶ

オススメ!テレワークに使えるグリーンバック

以上のポイントを抑えた上でオススメのグリーンバックを紹介します。

椅子取り付けタイプのグリーンバック

1つ目はこちら椅子に取り付けるタイプ

コチラはZoomやゲーム実況に向いているタイプです。
椅子に座って動かない撮影であれば一番適しているグリーンバックです。

折り畳みも簡単でコンパクトに収納できます。

オススメ!セミナー撮影にも使えるグリーンバック

自立型折り畳みタイプのグリーンバック

コチラは簡単に設置でき、収納も簡単な自立型折り畳みタイプです。

背もたれがないタイプの椅子を使う撮影や立っての撮影の場合にはオススメです。
私は仕事で企業のセミナーの撮影の際に演説台の背景に設置していました。

まとめ

今回は映像のプロ目線からオススメのグリーンバックを紹介しました。

テレワークにも大活躍のグリーンバック

あなたも一つ用意してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク