After Effects

キラキラエフェクトの作り方 フリー素材配布【AE初心者チュートリアル】

今回はパーティクルの練習がてらキラキラエフェクトを作成してみましょう。

こういったエフェクトは一度作成してしまえば、動画編集の際に何かと使えるエフェクトになりますので、自分好みのエフェクトを作成してストックしておきましょう。

スポンサーリンク

走るキラキラ

テロップへのエフェクトを作成してみましょう。
エフェクトの光が走るようなエフェクトを作成していきます。

コンポジションを作成して平面レイヤーにCC Particle Worldを適用。

エフェクト/シミュレーション/CC Particle World


パラメータは図のようにして

後はProducerで動きを調整すればいいのですが、調整しやすいようにしましょう。

新規ヌルオブジェクトを作成して
CC Particle WorldのProducerの値を
ヌルオブジェクトの位置にペアレント
しましょう。

Alt押しながらキーフレームクリックでエクスプレッションを設定。
エクスプレッションビックウィップをヌルオブジェクトの位置にドラッグすればOKです。

あとはヌルオブジェクトの位置にキーフレームを打てばパーティクルが軌跡を描くようになります。

速度や軌跡など、自分好みにいくつか作成するのも良いでしょう。

 

画面全体へのエフェクト

テロップ演出のキラキラエフェクトだけでなく、画面全体へのエフェクトも作成しておきましょう。こちらもあれば意外と使い勝手の良いエフェクトです。

コンポジションを作成して平面レイヤーにCC Particle Worldを適用。

エフェクト/シミュレーション/CC Particle World

これで完成。

あとは量や大きさを好みで変更。
編集でエフェクトを使用する場合は人物部分などにマスクをつければいいと思います。

フリー素材ダウンロード

今回作成したエフェクトもフリー素材としてダウンロード出来るようにしておきます。

簡単に作れますが、お手軽にエフェクト付けたいと言う動画編集者の方は活用してみてください。

 

動画編集用フリー素材&AEチュートリアル動画編集用のフリー素材とアフターエフェクト初心者向けのチュートリアルです。 ご自身の動画編集にお役立てください。 なお、フリ...

 

 

フリー素材 利用規約

・個人・商用利用問わず、無料でご利用いただけます。
・クレジット表記や、ご利用の報告の必要はありません。
・著作権は放棄しておりません。
・加工・編集はご自由に。
・素材(加工・編集したものも含め)の再配布や販売は認めておりません。

 

Adobe Premiere Pro を通常よりも安く購入する方法映像制作・動画編集を10年程続けている動画編集ソフトはPremiere Proです。 数年前はFinal Cutが業界スタンダード...
動画編集 初心者が練習する方法は?具体的な練習法を紹介します動画編集初心者の方から という質問をいただきました。 動画編集をやってみたいけど、何から始めたらいいかわからない ...
スポンサーリンク