After Effects

ワープ系の背景素材の作り方 フリー素材配布【AE初心者チュートリアル】

今回はワープ系の背景素材の作り方です。

何かと使える素材なので、自分でも作ってみると良いですよ。

 

スポンサーリンク

STEP1.ワープ用の素材を作成

新規コンポジションを作成して1920×5000の縦長のコンポジションにします。

新規平面にフラクタルノイズで縦長の模様を作成

エフェクト/ノイズ&グレイン/フラクタルノイズ

項目は画像を参考に

フラクタルノイズ フラクタルノイズで素材

そして

エフェクト/スタイライズ/モーションタイル

ミラーエッジにチェックを入れてタイルの中心にキーフレームを打って縦に流れるアニメーションを作成します。

モーションタイル

一つだけでも良いですが、フラクタルノイズの数値をいじったものと、セルパターンで作成したものと複数パターンを今回は用意しましょう。

フラクタルノイズ色々

この時ですが、あとで素材を円柱の形にするのに上手く繋がらない場合があります。

そういった場合はオフセットを使用して繋ぎ目ができない等にしましょう。
オフセットで横位置をずらして、つなぎ目部分はレイヤーを複製してマスクでボカして合成すると簡単です。

オフセットで繋ぎ目を中央に
中央をマスク
通常合成

 

STEP2.CC Cylinderでワープ状に

新規コンポジションを1920×1080で作成します。

そこにワープ用に作成したコンポジションを入れて

エフェクト/遠近/CC Cylinder

を適用します。

このCC Cylinderはコンポジションを円柱状にしてくれるエフェクトになります。
Rotationのxを90度回転させれば円柱状を覗く形になるのでワープゾーンを高速で駆け抜けるような映像が簡単に作れるんですね。

CC Cylinder

 

3パターン作成したので加算で合成。
一番下には4色グラデや中央にフレアをたしています。
あとは色調補正したりグローをかけたら良い感じの背景素材になります。

なんかアニメでみたことあるような奴ですね…。

 

デジタルワープ系の背景

ワープ用の素材をデジタル系にするだけでもかなり良い感じに。

今回の素材はフラクタルノイズのブロックやシェイプレイヤーで作成しています。

 

フリー素材ダウンロード

今回の作例はフリー素材としてダウンロード出来るようにしています。

 

動画編集用フリー素材&AEチュートリアル動画編集用のフリー素材とアフターエフェクト初心者向けのチュートリアルです。 ご自身の動画編集にお役立てください。 なお、フリ...

 

フリー素材 利用規約

・個人・商用利用問わず、無料でご利用いただけます。
・クレジット表記や、ご利用の報告の必要はありません。
・著作権は放棄しておりません。
・加工・編集はご自由に。
・素材(加工・編集したものも含め)の再配布や販売は認めておりません。

 

Adobe Premiere Pro を通常よりも安く購入する方法映像制作・動画編集を10年程続けている動画編集ソフトはPremiere Proです。 数年前はFinal Cutが業界スタンダード...
動画編集 初心者が練習する方法は?具体的な練習法を紹介します動画編集初心者の方から という質問をいただきました。 動画編集をやってみたいけど、何から始めたらいいかわからない ...
スポンサーリンク